作業所をもっと知ろう

作業所の美味が集まる!障がい者支援カフェ『リーチアウト』に行ってきた。

更新日:

私は甘い物が大好きです。

 

どれくらい好きかというと朝、昼、晩全てが甘い物でもOK。

昔は夏に風邪引いたら「朝アイス、昼アイス、夜アイス」みたいな食生活を送ったこともあるくらい。※体調不良になると甘い物が欲しくなる。

 

街中歩いて「新作スイーツ」ののぼりを見かけると無意識に吸い寄せられていきます。

よって甘い物にはうるさいのです。

 

障がい者支援カフェ『リーチアウト』

私は滋賀県在住でして。

ドライブ中にこんな看板を見かけました。

ちょっと見にくいかな。

障がい者支援Cafe『リーチアウト』とあります。

 

『作業所かな??』と思いますが「支援カフェ」なので違うかもしれない。

※ちなみに辞書によると「リーチアウト手を差し伸べる」という意味。「支援」という意味でしょうね。

 

「支援カフェとは珍しい」と思い入ってみることに。

 

↑駐車場も広く、スロープもあります。

↑外装に凝ってます。テーブルが2つあって春から秋は外での喫茶も出来そう。

『ちょっとぉ、ココいいんじゃない!?』と期待感増してきました。

 

店内も良い

店内は明るい雰囲気。清潔感あります。

BGMで斉藤和義の『♪ずっと好きだったんだぜ~相変わらずキレイだな~♪』が流れていてちょっと嬉しい。

 

お店の方に案内され、メニューみてみます。

アップルパイ、レアチーズタルト、ロールケーキ、クリームあずき、ガトーショコラ・・・と甘い物がズラリ。

『どれも好みだ・・・』

とオモチャ売り場で悩む子どものように思考が巡る。

 

悩んだあげく。

 

『すみません、どれがオススメですか?』と決められない女子かのように店員さんにお任せ。

 

『そうですね・・・米粉ロールケーキや抹茶生クリームあずきが人気ですね』とのお言葉。

 

『では米粉ロールケーキでお願いします』

と注文。

 

合わせてコーヒーついてのスイーツセット600円。安いな。

 

実食

というわけで待ちに待った実食です。

まず『これでコーヒーついて600円って安くね??』と思う。

 

見た目も凝ってますよね。

ちなみにセットで注文したのでアイス付きなんですって。ラッキー。

 

でも味が大事なのです。

 

私、甘い物にはうるさいですから。

見た目だけの可能性もありますから。

マズかったら「マズイ!」って言いますから。

 

さて実食・・・

 

『ウマっ!』

 

・・・いや、前振りがうさん臭いけど、嘘じゃないんですよ(笑)

自慢ではありませんが私は関西三大ロールといわれる堂山、小山、エフラットのロールケーキを全て制覇した男。

 

この私の味覚をもってしても美味い。※偉そうに

 

そして左側にある紫のラスク。これですね↓

『え?ウマイじゃん!!』

 

「普通のラスクだろう」と思って無警戒で食べたので尚更。

クリームと味が良く合う。

紫の表面と裏面の食感が違うのも良い。ウェハースに似てるかな。

 

「やるな、リーチアウト。この俺をうならせるとは・・・」

と「良い店見つけてラッキー」ということに一人テンション上がります。

 

で、店員さんに感想言ったんですよ。

 

「いやーこれ美味しいですね」

 

「ありがとうございます。ここにあるお菓子類は作業所で作られているものなんですよ

 

「マジッスか!」

 

車椅子歓迎のオシャレcafe「リーチアウト」

見た目良く、味良く、値段良く。

近江商人の三方良しを表現したかのようなリーチアウトさんのスイーツセット。

 

スイーツもさることながら店構えもキレイ。

お店駐車場広く、スロープもあり、お手洗いも車椅子対応のもの。

 

私は以前車椅子の友人4名+2名で休日集まろうとしたんです。

が、どこのレストラン行っても「車椅子4名OK」の予約とれなく結局カラオケボックスで集まったんですよ。

 

でもここならOK。実際に「車椅子の方大歓迎ですよ」とのお言葉。

 

お店の方も非常に物腰柔らかい方。

お店について教えて貰いました。

 

こちらのお店は作業所ではないそうです。

建設会社さんの敷地内にお店を構えてm障害ある方歓迎の喫茶店を経営されてるとのこと。

また出てきたロールケーキが作業所の商品だったように、他の作業所の物品を集めて販売しているとのこと。

↑このようにクラフト製品が販売されています。

これら全て障害ある方たちが作られたとのこと。収益は各作業所へ配分されていくそうです。

 

ロールケーキの美味さに井の中の蛙だったことを知る

今回のリーチアウトさん、想定外の美味しさでした。

良いお店。

 

ただ私、リーチアウトさんのある道、何回か横切っていたんですが気づかなかったんですよ。

お店の方もそれがネックのようで「他のお客さんにも言われるんです」とのこと。

 

これはもったいない。

 

リーチアウトさんは滋賀県近江八幡市安土町にあります。

近所に安土城跡があるので観光も出来ますよ。

 

滋賀観光の際はぜひ。

 

今回、こちらの米粉ロールケーキ&ラスクの味に「障害者作業所の奥は深い・・・」とうなった次第です。

結構、作業所は回ったつもりでしたが、まだまだ井の中の蛙なのか。

知らない世界がもっとあるんでしょう。

 

このリーチアウトさん、気に入ったのでまた訪れたいと思います。

 

ここのスイーツ全制覇目指すぜ。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-作業所をもっと知ろう

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2018 AllRights Reserved.