作業所をもっと知ろう

アイデア発見!大阪でお土産作る障害者作業所を見つけたよ

更新日:

不定期でお送りします『作業所へ行ってみたよ』のシリーズです。

『もっとやりたことやろうぜ』がテーマの本サイトです。

 

ただ別に「仕事すんなよ!」というわけでもなく『働きたい』と思うなら働けばいいし『今それどころじゃない』と感じるなら仕事は後回しにすればいいという話。

 

『収入を増やして余暇を充実させたい』という人や職員さん自身の収入の問題もあります。

私の知る範囲でも作業所の職員さんで『この仕事は好きだけど家族を養っていけないから』という理由で退職された人がいるんですよ。

 

『収益を改善しよう』と悩んでいる方もおられるでしょう。

 

というわけでフリーな私が『こんな良いとこあったよ』と回っております。

『新しいことしよう』『余所はどんなことやってるんだ??』といった参考になればと思います。

 

今回は大阪府箕面市(みのお)にあるB型事業所『すきっぷ』さん。

B型というのは『日常生活は概ね一人で出来ますよ』という方が大まかな対象となります。

「移動や食事は一人で出来るけどお手洗いだけは手助けいります」とかですね。

 

なんでここにしたのかというとお土産を作っているから。

 

クッキーやフィナンシェなど製菓をされているのですが「ゆずるくん」という箕面市のゆるキャラのイラストをおまんじゅうにしています。

↑こちら月餅風まんじゅうです。

月餅って分かりますよね??コンビニのレジ横に置いてあるようなまんじゅうです。

 

箕面市はゆずが特産とのことでゆずあんを加えてお土産にして販売されてるとのこと。

味も上々ですよ。

 

付加価値をつける発想

理屈っぽい話になりますがこの「ゆずるくん」のアイデア良いと思うのです。

 

なぜなら障害者作業所って生産量を上げるのは難しく少量販売になるはずです。

 

であるならこの地域限定のお土産というのはマッチしています。

大手は採算が合わないのでやりませんが、少量生産の作業所なら逆にメリットになるでしょう。

 

例えばすきっぷさんが普通に月餅を生産してたとしますい。

コンビニにある月餅とすきっぷさんの月餅。

 

買いやすさではコンビニに軍配があがります。また価格勝負というわけにもいかないはず。

 

でも「ゆずるくん」ならはコンビニやスーパーでは売ってないわけです。

 

そして私自身やることですが、友人宅へ遊びにいくときに手土産をもっていくことがあります。

そんなときに地元産のお菓子はいいですよね。

 

「ゆずるくん」みたいなお菓子は私もほしいところです。

 

箕面市にでも月餅ならコンビニで買えますが「箕面市の月餅」ならすきっぷさんの月餅となります。

 

こういう通常の商品に付加価値をつける発想、他の作業所さんでもいかかでしょうか?

 

通常のクッキーも地元のキャラ名を入れると付加価値がつきますよね。

障害者作業所であれば版権も安くなるかもですよ。

 

他のも食べてみた

「ゆずるくん」以外にももう一つキャラ商品があります。

こちら「モミジーヌ」だそうです。こちらごまあんです。※ゆずるくんはゆずあん

↑完全個人の好みの話ですが、ゆずるくんのゆずあんの方が好きかな。

 

お次はフィナンシェです。

↑これで2個100円ですって!奥さん、お一つどうですか?

 

最後にチュイールです。3枚100円というお買い得。

『粉々じゃねーか』

 

3枚入りで3枚とも割れてましたね、ええ。

※すきっぷさんの名誉のためにいいますと粉々の犯人は私ですよ、もちろん。

 

ビニール袋に入れて持ち帰ったときにどこかでぶつけてしまったのか。

 

大雑把な性格が表れますねぇ。

 

小学生のころはの私は机の中になんでもため込む子どもでした。

なので奥にあるプリントはくしゃくしゃになっているわけですよ。

 

粉々のチュイールもくしゃくしゃのプリントも同じ原理ですね。

・・・今も変わってないのか。

 

お味は上々です。これで3枚100円。素晴らしい。

 

今回の大賞は

ゆずるくん、モミジーヌ、フィナンシェ、チュイールをいただきました。

急遽(ていうかオチがないからさ)すきっぷさん大賞を勝手に決定いたします。

 

大賞はこちら!

ゆずるくんに決定!

 

『月餅にゆずあん』という新しい味かつ美味なので文句なしに大賞です。

箕面市って12万人とそんなに人口多いわけではありません。※といっても私の住むとこよりは遙かに多いですが

 

つまり「地元のお土産」ってそんなにないはずです。

そして作業所は少量生産で地域密着で製菓が多い。

 

お菓子にお土産という付加価値をつけて販売する、というスタイルは非常にマッチしているのではないでしょうか。

 

そんなアイデア商品であることと、味も上々なので大賞はゆずるくんといたしますー!

 

というわけで定期的に作業所レポートいたします。

作業所さんのアイデア支援になれば幸いです。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-作業所をもっと知ろう
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2018 AllRights Reserved.