作業所をもっと知ろう

京都の障害者作業所「蒸しまん&カフェまんまん堂」へ行ってきた。実は接客業もアリではないのか。

投稿日:

食べログにもありますし、10年近い歴史もあります。

京都にある障害者作業所のまんまん堂さんへ行ってきました。

京都の堀川商店街にあるこのお店。

関西圏に住んでいる人は結構ご存知ではないか、と思うのですがどんなものでしょう。

 

色んなお店が並ぶ中にまんまん堂さんは立地されております。

私は大学時代は京都にある大学に行っており、馴染みの通りにお店あってビックリです。

 

蒸しまんが名物のまんまん堂

お店の名前の通りこちらは蒸しまんが名物。

事前にホームページでどんな種類があるのか確認しました。

 

肉まん

菜まん

あんまん

鶏ごぼう

角煮まん

 

『角煮まん!?』

 

私は居酒屋で豚の角煮があればほぼ100%注文します。沖縄そばは三枚肉が好き。

 

『角煮まんは食わねば』と思った次第。

 

蒸しまんの値段を見るとオール100円。角煮まんは200円。

安い。コンビニより安価。

 

というわけで今回の記事構成は

 

『蒸しまん全部食ってレビューしよう』

『記事タイトルは「まんまん堂の蒸しまんはどれが一番ウマいのか」だな』

 

と考えていざ京都へ。

 

トラブルどすぇ~

photo by Japanexperterna.se

姉さん、事件です。※元ネタ分からない人ごめんなさい。

 

『まんまん堂の蒸しまん全部食べてレビューする』

ということで朝食は少なめにして京都へ向けて出発。ここまではOK。

 

ただ行く前に聖護院(しょうごいん)に寄ったんです。

なんで聖護院寄ったかは後に記事しますが、とにかく行ったのです。

 

そこで事件発生。

 

偶然にも聖護院近くに白河総合支援学校という支援学校を発見。

学校でやっているパン屋&喫茶室を見つけました。

パン屋案内の看板です↑

 

『学校がやっているパン屋(喫茶室)??』

 

これは非常に興味深い。看板読めば外部の人も入ってOKなので入りました。

 

中では先生や生徒さんが頑張って販売しているわけです。

何も買わずに出るのは忍びない。

しかもパン1個80円。激安。

 

というわけで買いました。

で、すぐに食べちゃった。

 

腹は満たされた。いざまんまん堂へ

この時点でぐだぐだ感漂う京都行きですが、まんまん堂へも行きます。

 

パンのおかげでお腹は減っていません。

それでも蒸しまん4つくらいは食べられる自信はあったのです。

 

ただ

『腹いっぱいで食べたら味分かんないかもなぁ』

という懸念がよぎってきました。

 

パン食べて10分ほどでまんまん堂到着。

そして。

カレーを食べることに。

 

まんまん堂のカレーはウマいのか

カレーとても美味しかったです。

注文したのはインドネシアカレー。650円。

これでサラダ付き。素晴らしい。

 

 

・・・なぜこんなことになったのか。

 

お前がパンを食べたせいだ

 

まんまん堂でメニュー開いて見つけたのです。

上の画像赤枠をご覧ください。

 

(冬)チョコまん(12月~2月頃)100円

 

とメニューにあります。

 

私甘い物に目がないのです。

で、チョコまんは2月ごろ終了の期間限定。この日は2月7日。

 

肉まん、菜まん、あんまん、鶏ごぼう、角煮まんに加えチョコまんの5個は無理。

多分最後はお腹いっぱいで味が分かんないこと確実です。レビューにならない。

 

だからパン食べなきゃ良かったのに

 

ということで

こうなったのです↑

 

まんまん堂のチョコまん素晴らしい

カレーを食べたら甘い物が欲しくなります。

甘い物といえばチョコまん。

 

『カレー+チョコまん』

 

いい組み合わせですね。というわけで注文。

となりにコップを置いたのですが大きさイメージ出来ますか?

コンビニに置いてあるような肉まんと比べると少し小ぶりなサイズ。

 

でも100円だし、小腹需要を満たしています。

行ってみてわかったことですが、この大きさがいいのです。

 

まんまん堂さんでは日替わり定食やカレーもあります。

 

定食のあとにコンビニサイズの肉まんやあんまんは大きすぎるじゃないですか。

 

デザートサイズを考えたら小さめが欲しい。

そう考えるとこのサイズがジャストでしょう。

 

またお店の前にはバス停があって待ち時間に買っている人もいました。

100円という1コインで買えると客側も便利です。

 

売る側もお釣り計算が省かれるので『100円で小ぶりサイズがすぐ買える』がやはりベストなのでしょう。

 

味も上々ですよ。これで100円は素晴らしいですね。オススメです。

 

障害者作業所の接客について考える

まんまん堂さんは注文や配膳などは障害のある方が担当しておられました。

 

正直言ってスムーズさはありません。

ただ一生懸命さが伝わってきます。『かしこまりました』やお辞儀が非常に丁寧なのです。

 

『うん、これは接客業としてアリなんじゃないの?』と思いました。

 

例えばファミリーレストランのアルバイトはスムーズです。

ただアルバイトは気持ちがこもってない場合が多々あるもの。

 

比べてみてください。

『スムーズだけど一生懸命さのないホール係』

『不器用だけど気持ちが伝わってくるホール係』

どちらがいいか。

 

『気持ちがある方がいいな』という人は絶対いるはず。

 

そして作業所で接客される方は非常に気持ちが伝わります。

これはバイトじゃないから、だと思うのです。

 

例えばコンビニでもファミレスでも店長は丁寧で心こもった接客が多いでしょう。

それは『ここでずっと働くから』『自分の店だから』そんな意識があるからだと思います。

 

作業所も同じです。

ここで働く人はずっと同じ店で働きます。アルバイトに比べて『自分のお店』という帰属意識が強いはず。

 

だから障害者作業所で働く人の接客は心がこもるのだと思います。

 

これはバイトの多いチェーン店には出せない作業所の強みなんじゃないか、と。

 

外国人観光客がやってきた

障害者作業所はずっとそこで働く分、接客に心がこもる

 

ただ私には「ひいき目」があるかもしれません。

私は障害者作業所だと知ってここに来ているわけですし「ひいき目」の可能性があります。

 

と考えていたらお店へ女性の外国人観光客2名が入ってきました。

 

言語からすると英語ではないですが欧米圏。席は私のとなり。

間違いなくこの2人はここが障害者作業所であることを知りません。

 

若干怪しい人ですが、私はずっとこの二人の様子を横目で見ていました。

 

2人が注文したのは私と同じインドネシアカレーとチョコまん。

『やっぱりこの組み合わせだよね!』と余計なこと考えながら様子をみていました。

 

結果全く問題なし。

笑顔でお店の人へ挨拶して出ていっていました。

 

私自身『接客はファミレスのようにやらねばダメだ』という先入観がありました。

 

ですがファミレスのような接客だけが正解ではないように思います。

もっと言えば障害者作業所であるからこその強みがあるように思うのです。

 

第2弾へつづく!

これまでスワンベーカリーなど障害ある人が働くパン屋、喫茶店へ訪れています。

共通するのは『一生懸命さが伝わってくること』です。

 

1分1秒でも時間が惜しいビジネスマンなら別ですが『ゆっくり気分でお茶したい』という人に作業所のカフェは合うのかもしれません。

 

店の立地、味、価格、外観と内装

これらを整えれば勝負できないものか、と。

 

まんまん堂さんは日替わり定食もやっていました。

日替わりランチ650円。月~金の11:30~13:30までとのこと。

堀川商店街の立地でこの値段はスゴイな。

 

まんまん堂の蒸しまんレビュー再度やります。第2弾ご期待ください。

角煮まん食べてないしね。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-作業所をもっと知ろう
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.