これは熱いニュースです。

 

私は障害者スポーツに関わっております。

 

障害者スポーツを始めた子の中で意気込みを聴くと「プロになりたい!」と夢を語る子がいます。

その時は「そうかー。将来なれたらいいね」と答えていました。

 

それが現実化に近づいてきております。

 

障害者アスリート育成が始まる!

昨日の10月3日、日本財団がパラリンピック選手育成のための奨学金制度を設立するとの発表がありました。

 

制度がスタートするのは2017年度から。

対象となるのが日本体育大学グループの学校(付属高校含む)に在籍する生徒とのことです。

 

奨学金を受けるには日本体育大学グループの学校に在籍しなければならない、とハードルはありますが、夢を叶えるための道筋が一つ増えたと言えるでしょう。

 

対象となるのは50人。年間費用は1年500万円を最高に変換不要。

学費や生活費はもちろんのこと、用具費や遠征費も含まれるとのこと。

photo by Dan Dvorscak

photo by Dan Dvorscak

 

お金がかかる障害者スポーツ

競技にもよりますが「道具が高すぎる」というのはよくある話です。

 

リオパラリンピックでは車椅子テニスの海外選手が技術の粋を集めた1500万円の車椅子に乗っていて批判を浴びていました。

 

批判の内容は「選手の能力というより道具の勝負じゃないか」というものですが、これは競技を追求するなら当然なのかもしれません。

 

例えばF-1のようなモータースポーツも同様です。

F-1ではドライバーの腕前もありますが、優秀なエンジン、優秀な車体を準備するチームが有利になります。

photo by alessio mazzocco

photo by alessio mazzocco

 

いずれはパラリンピックもF-1にのようにレギュレーション規格が出来上がるでしょう。

車椅子の材質はこれとこれじゃなきゃダメ、とかです。

 

個人的にはルールの整備がまだ出来上がってないのが問題で1500万円だろうが1億だろうが勝つためにお金をつぎ込むのは悪いことではないと思います。

私が車椅子テニスの選手で1億円持っていたら、3000万円くらいの車椅子つくるかもしれません。

 

ただ日本の車椅子テニス選手の国枝慎吾選手は「テニスの技量で戦いたい」とのことで車椅子の追求はしていないそうです。

国枝選手のお値段は40万円とのこと。

国枝選手はユニクロ所属で報奨金ももらっているので技術の粋を集めた車椅子は作れると思います。

 

でもやらない。そして結果を出している。

この美学はカッコいいですね。※ただ今の流れが続くといずれは車椅子の追及をせざるを得ない気はしますが。

 

プロになれる人が増えると思う

海外では競技だけで生活しているプロの障害者スポーツ選手がいます。

 

日本国内でプロと呼べる選手は車椅子テニスの国枝慎吾選手や上地結衣選手などごく一部です。

あとは車椅子バスケの香西弘昭選手がドイツでプロ契約をしているくらいでしょうか。

 

ただ2013年に企業の法定雇用率が上昇し2%となりました。

この法律により企業はこれまで以上に障害ある人を雇用する必要があるわけです。

 

また2016年リオパラリンピックでの報道や東京パラリンピック開催の影響により障害者スポーツの認知度が上がりました。

テレビや新聞での扱いが大きくなったことで企業の広告塔としての障害スポーツの価値が高まってきたのです。

 

これから2020年の東京パラリンピックまでに一気に障害者スポーツの普及は進むでしょう。

いつかは日本財団からの奨学金を受けて、学校卒業後は企業に入りプロ選手になる選手が必ず出てくるはずです。

 

そうなるとどうなっていくのか。

「将来はプロ選手になりたい」という夢を持つ子どもが増えるはずです。

 

また世間の障害に対する認識も少しづつ変わっていくと思います。

 

フライングになりますが、今後当サイトアートやITの世界で活躍する障害ある人をしていく予定です。

少しづづ、そして確実に障害に対する認識は変わっていくし、変えられるでしょう。

 

これは私自身の考えですが、夢を持つ人が増えれば世の中は必ず良くなります。

 

年配の方で「1964年の東京オリンピックで日本は変わったんだよ」と言う人がいます。

1964年に私は生まれていないので、そのころの雰囲気は知りません。

ただ今回の奨学金設立で私自身のテンションがあがったように、1964年は日本中に夢を持つ人が増えた年なのかもしれません。

2020年まで色々な動きが起こる予感がします。というわけで夢あふれる障害者アスリート奨学金の話でした。

photo by PTR Tennis

photo by PTR Tennis