知識・その他

レンタカー&車椅子でナゴヤドームへ行ってみた。

更新日:

「外出したいけど、実際行くのは大変・・・」

というのは車椅子に乗っている方であればよく聞く話。

 

先日、知人と車椅子4台乗車可能なレンタカーを借りてナゴヤドームへ行ってきました。行く際のちょっとしたコツや実際どうだったかをレポートいたします。

 

ちなみに今回の目的は野球観戦です。

まだ行ったことない方はお出かけ時の参考にしてもらえたらと思います。

DSC_1188

DSC_1188

 

車椅子での移動はトヨタレンタカーのウェルキャブが便利

別にトヨタレンタカーの回し者じゃないですよ。

ただトヨタレンタカーのウェルキャブ(福祉車両)のレンタルは非常に便利でお世話になっております。

福祉車両がレンタル出来ることも知られていないようですが、さらに車椅子4台乗れるハイエースというのも借りられます。

写真はこちらです。

carlineup_hiace_welcab_top_01_pc

 

車椅子に乗る人が最高4人、介助者4人の計8人が同時に乗れます。

ハイエースとレジアスエースという2車種ありますが、写真はハイエースです。

 

レンタル料は1日16000円前後です。身体障害者手帳や療育手帳があれば1割引きとなります。

ちなみに車椅子2台までのノアという車種なら一日2万円ほどします。

 

4台のハイエースが16000円で2台のノアが2万円。

たくさん乗れる方が安い。謎仕様です。

 

おかげで8人で行けば16000円を8人で割るので一人2000円となります。

1人2000円なら、かなりお得ですよね。

 

車椅子専用駐車場が便利

車で行く場合は車椅子専用駐車場の利用をお勧めします。1日に2500円とちょっと高額かな。

ですが駐車場はドーム内にあり、停めてすぐにエレベーターで場内に入ることが可能。

行きも帰りも混雑しやすいドームですが、エレベーターを使えばほぼ直通となります。

これが非常に便利でした。

 

ただ3塁側に停めると、隣接するイオンモールへ行くにはちょっと遠くなります。

ホーム優遇措置でしょうか(笑)

 

車椅子席がやたら広い

あ、車椅子用スペースの写真なかった・・・すみません。

 

私が行ったところは3塁アルプス側です。そこに車椅子用スペースがあるわけですが、これがやたら広い。

大きいの電動車椅子でも大丈夫ですね。※ストレッチャーとなるとしんどいですが。

 

車椅子用スペースの後ろには介添え人用のスペースがあり、そこに座れます。係の方が椅子も持ってきてくれます。

ちなみに車椅子の人1名に介添え人は2名着くことが出来ます。二人分のスペースが十分にあります。

 

移動スペースも広いので試合観戦中であれば人通りも少なく、トイレはかなり便利です。距離も近いです。

 

ちなみに3塁アルプス側からの眺めはこんな感じ。

DSC_1189

DSC_1189

 

ちなみに車椅子用スペースと同じフロアに車椅子グループボックスがありました。

こちら車椅子1台分のスペースしかありませんが、こちらは前にテーブルがありその点便利です。

場所も車椅子用スペースより、選手ベンチ寄りになるので若干選手が近いです。

バリアフリーなナゴヤドームでした。

ドームの構造もそうでしたが、イオンモールが隣接してあり、障がいを持った方に優しいナゴヤドームでした。

 

欠点を上げるならドーム内の駐車場に停めてイオンモールに行く際はなかなか距離がありました。ただ1塁側の駐車場であれば、まだマシかもしれません。1階からイオンモールへ行くには横断歩道を渡るのですが、3塁側の駐車場付近にはないので、若干遠回りです。

 

問題があるとすればそれくらいで、係の人も親切で楽しい時間が過ごせました。試合は負けましたが。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-知識・その他

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.