雑記

【動画あり】ボッチャ基本ルール!初心者が覚えるべきポイント3つ。

更新日:

「ルールブック読んだけど意味わからない」

「最低限覚えるべきルールが知りたい」

 

私は滋賀県でボッチャ協会の役員をやっております。今まで初心者向けの講習会を何十回と開催してきました。

 

ボッチャはルールはシンプルで分かりやすいスポーツです。

ただ新しいスポーツゆえに情報が不足しています。

 

「ボッチャを始めたいけど何をどうすればいいか分からない」

そんなお悩みの方向けのボッチャルール講座です。

 

まずは見たことも聞いたこともない人のために動画で紹介します。

ボッチャを「究極のバリアフリースポーツ」と称する人がいます。

重度の身体障害ある人でも楽しめるようになっている所以からなのですが、実際に手や足で投球する人、傾斜台を使う人などが紹介されており特徴が分かると思います。※音声つき動画です

大体のイメージがつかめましたでしょうか。

一言でいいますと

ボッチャは白ボールを狙って赤と青が投げ合い、どっちが近いかを競い合うスポーツです。

 

楽しむためであれば長いルールブックを読む必要はないんです。

 

白ボールを狙って赤と青が投げ合う。近い方が勝ち」これでも十分楽しめます。

 

ルールブックを読むと敷居が高そうに思えますが、かなりシンプルなスポーツです。

 

とはいえこれだけでは物足りない方もおられると思うのでもう少し詳しく書きます。

ルールブックから必要最低限を抜粋しての初心者向けボッチャ講座です。

 

①白ボールに向かって投げる

②ゲームの流れを覚える

③得点計算

 

の3つに分けて解説します。

 

「白ボールに向かって投げる」を覚えよう

IMG_2589

「白ボールに向かって投げる」

極端な話これだけ覚えればゲーム参加は可能です。

 

私が初めてボッチャを指導したときはルール等はいい加減でした。

教えたのは「白ボールに向かって投げてね」ということだけ。それでも成立するんです。

 

施設や学校などで教える際『白ボールに向かって投げください』

とまず一言いってくださいね。

 

試合の流れを覚えよう

North Carolina National Guard

North Carolina National Guard

 

試合の流れです。

ボッチャは基本シンプルなスポーツなのですぐ覚えられると思います。

 

試合の流れその① 赤と青に分かれる。

別れ方は2通り紹介します。

公式な並び方と非公式なレクリエーションボッチャという並び方です。

どちらでも構わないのですが公式の並びはちょと難しいので初心者が後述のレクリエーションボッチャの並びをおススメします。

 

(慣れてきた人向け)正式なボッチャの並び方。

ボッチャコート1対1jpg

これは1対1の場合です。

真ん中に二人が入り、6球ずつ投げます。

 

2体2の場合だとこうなります。↓

ボッチャコート2対2jpg

持ち球が3球ずつになります。並び方は中央に交互に並んでいきます。

3対3はこちら↓

ボッチャコート3対3jpg

持ち球は一人2球ずつになります。

正式なボッチャは1対1、2対2、3対3で行うので以上のどれか形が正式です。

 

とはいえ。

学校や施設では5人や10人でやる場合もあるはず。正式な並び方では不便でしょう。

 

先述しましたがボッチャは

「白ボールを狙って赤と青が投げ合う。近い方が勝ち」

これが最も重要であってそれ以外のことはアレンジを加えても大丈夫です。

 

というわけでそのアレンジの仕方。

人数が3人や5人でも出来るレクリエーションボッチャの並びを紹介します。

 

(初心者向け)レクリエーションボッチャの並び方

次はレクリエーションボッチャです。これは非公式なやり方ですが初心者はこちらの方が分かりやすいでしょう。

学校の授業や施設でのレクリエーションならこの形の方をおススメします。

繰り返しますが2対3というようなプレー人数が奇数の場合、6体6というような大人数でもプレー出来るからです。

レクリエーションボッチャコート

中央線から左右に分かれていますね。

この分け方であれば5人の選手でも赤3人、青2人とすればゲームは成立します。

7人でも赤に4人、青に3人にすれば問題ないわけです。

よって学校や施設ではこちらがおススメなのです。

 

というわけで赤と青の別れ方でした。

次に投げる順序を説明します。

 

しついこですがボッチャは

白ボールを狙って赤と青が投げ合う。近い方が勝ち

が最も大切なことなので分かりにくければ投げる順序はアレンジしても大丈夫ですよ。

 

試合の流れその② 赤が白ボールをコートに投げ入れる。

赤の人がボールを投げ入れてください。2対2のボッチャコートで説明しますと以下の通りです。

ボッチャコート投げる順番

一番左側の赤の人が最初に白ボールを投げます。

 

試合の流れその③ 白ボールを投げた人が引き続きボールを投げる。

白ボールを投げた人が引き続き自分のボールを投げます。

 

試合の流れその④ 青が投げる。

青が投げる際は誰が投げてもでも構いません。

 

試合の流れその⑤ 白よりも遠い方のチームが投げる。

ここで「白に近いボールはどちらか」をジャッジしてください。白に遠い方が投げます。

例えば下の画像をご覧ください。

投球順序2

白に遠いのは赤でしょうか?青でしょうか?

 

答えは青ですね。よって次に投げるのは青です。遠い青が投げます。

正式なボッチャでは「白に遠い方が投げ続ける」と覚えてください。

 

※とはいえ初心者であれば正式ルールを守らずに赤、青、赤、青、と交互に投げ合ってもゲームは成立しますよ。

 

試合の流れその⑥ 全球投げ終わったら得点計算をする

ボッチャはお互いの持ち球は全て投げきります。

1セットは遠い方が投げ合い、赤6球、青6球と投げ終わって終了となります。

 

それでは最後の得点計算の方法です。

 

くどいですがボッチャは

 

白ボールに向かって赤と青が投げ合う。近い方が勝ち

 

これが基本原則です。ここだけを抑えればゲームは成立します。

 

そして次に覚えるべきは得点計算方法です。

並び方や順番はいい加減でもゲームは成立します。

 

ただ得点計算はなるべく覚えておいてください。

 

超シンプルに言えば

・「白ボールに向かって赤と青が投げ合う。近い方が勝ち」を理解している

・得点計算ができる

この2点さえ抑えれば十分なんです。

 

それでは得点計算の方法です。

練習問題もつけましたのでじっくりマスターしてください。

 

得点計算をしよう

Photo by Pedro Bártolo

Photo by Pedro Bártolo

 

それでは得点計算の解説になります。

最初は難解に感じるかもしれませんが、何回か経験すればすぐに体得できます。

 

ボールが手元にある場合は、実際に同じ形にしてみると理解が早いですよ。

 

白ボールに注目してください。 白に近いのは何色でしょうか??

得点計算1

答えはですね。

全球投げ終わって、白ボールに一番近いのは赤なので赤の勝ちです。

 

得点計算は

相手ボールよりも何個近づけられたか。その個数が得点となる

と覚えて下さい。

相手よりも2個近かったら2点です。3個近かったら3点。そのままです。

 

もう一度画像を見てみましょう。

得点計算1

白に近いのは赤なので赤が勝ちです。

点数は相手ボールよりも何個近づけられたか。その個数が得点となる

となるのでした。つまり赤の1点ですね。

 

ではこの場合はどうでしょう?

%e5%be%97%e7%82%b9%e8%a8%88%e7%ae%97%ef%bc%91-5

「??」と思うかもしれませんが得点計算の原則を思い出してください。

相手ボールよりも何個近づけられたか。その個数が得点となるです。

白に近いのは赤ですね。

赤は青より1個近いので、先ほどと同じく赤1点です。

 

そして点数は赤だけに入ります。赤1点で青は0点です。

 

それでは練習問題といきましょう。

第1問です。得点計算をしてください。

得点計算4

まずどちらが勝ちかを確認しましょう。

白に近いのは赤なので赤の勝ちです。

次に白ボールと青の距離をみます。

白からより赤は2つ近いです。よって2点です。

 

計算のコツとして補助線で〇を入れますね。ご覧ください。

得点計算5

〇は白と一番近い青との距離を表しています。

つまり白と青の半径に何個あるか、で数えて得点計算するのです。

〇の中にある赤の個数がそのまま赤の得点数となります。

 

点線の○が白から青の半径です。この半径内にある赤は2個です。よって赤の2点になります。

 

この半径の考え方をマスターすると非常に楽です。

 

では第2問です。

得点計算をしてください。

 

得点計算7

 

白に近いのは青です。よって青の勝ちです。

そして負けた側は赤となりますね。

 

次に白ボールと赤の距離をみます。白から赤の半径にある青の個数がそのまま青の得点数となります。

画像で確認しますね。

得点計算8

点線の○が白から赤の半径です。この半径内にある青は2個ですね。※右側の青は赤よりもボール半分ほど近いので得点となります。

半径内に青は2個ですので青の2点です。

 

以上となります。こちらが入門者がまず覚えるべきポイント3つです。

『白ボールに向かって投げる』

『試合の流れを覚える』

『得点計算をする』

このの3つを押さえれば最低限のボッチャは成立します。

 

「なんだかややこしいな」と感じるのであれば

・「白ボールに向かって赤と青が投げ合う。近い方が勝ち」を理解する

・得点計算を覚える

これだけでもボッチャは楽しめます。

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-雑記
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.